永島まなみ(まなみん)のプロフィールは?出身校や厩舎、両親や次の騎乗がいつかについても

永島まなみ騎手 気になるニュース

こんにちは!ぷちなっつです。

永島まなみ騎手(18歳)が、藤田菜七子騎手以来5年ぶりのJRA女性騎手としてデビューしました!小倉2Rで12番フェイトリッパーに初騎乗!好スタートを切ったものの、残念ながら結果は4着。

すでに巷ではカワイイと評判になっているようです!これから活躍の期待される永島まなみ騎手のことを知りたくなっていろいろ調べてみましたので皆さんにも共有しますね!

この記事では、

・永島まなみ騎手(まなみん)のプロフィールは?
・永島まなみ騎手(まなみん)の所属する厩舎は?
・永島まなみ騎手(まなみん)の両親の職業は?
・永島まなみ騎手(まなみん)の次の騎乗はいつ?

についてまとめています。永島騎手のことが気になる!!応援したい!!
という方は、続きをご覧くださいね(^^)/

永島まなみ騎手(まなみん)のプロフィールは?

永島まなみ騎手(まなみん)
引用元:東スポWEB

永島まなみ騎手のプロフィールは?

永島まなみ騎手のプロフィールをご紹介します!
追加の情報が入り次第、追記させて頂きます(^^)/

氏名           永島 まなみ(ながしま まなみ)               
ニックネーム(愛称) まなみん
生年月日(年齢) 2002年10月27日(18歳)
出身地 兵庫県
身長・体重 159.8cm 45.4kg
血液型 A型
趣味・特技 趣味:ピアノ、料理 特技:水泳
好きな芸能人
座右の銘 一生懸命


騎手であったお父さんに憧れて5歳で「騎手になる!」という夢を抱き、小学校5年生から乗馬学校に通うようになった永島まなみ騎手。

中学1年生の時には、JRAが開催している「ジョッキーベイビーズ(全国ポニー競馬選手権)」の関西地区予選に出場しました!残念ながら予選敗退だったそうですが、男子に負けない騎乗で健闘したようです!

その後、2018年4月3日にJRA競馬学校の騎手課程37期生として入学しています。受験者146人中、合格者7人という競馬学校の狭き門を突破したそうです!騎手学校の合格率って5%切っているんですね。初めて知りました!ちなみに、女子入学生としては15人目なんですって。

マメ知識

競馬学校の受験資格は、年齢は義務教育卒業から20歳まで。短大や大学、専門学校の卒業後に受験することは不可能なんですね。ちなみに入所時の体重は44キロ以下が条件だそうです。


2021年度の新規騎手免許試験の合格発表が2021年2月9日にあり、晴れて合格


▼新人騎手としてデビューした永島まなみ騎手のインタビュー!初々しくてかわいい永島まなみ騎手ですが、しっかりと落ち着いた口調で、自身の自己紹介や今後の抱負を語っています。

誰かの声に似てる・・・と思って考えてみたところ、フィギュアスケートの浅田真央さんの声や話し方に似ていると感じるのは私だけでしょうか?

永島まなみ騎手【2021年新人騎手インタビュー】

永島まなみ騎手のtwitterやInstagramはあるの?

永島まなみ騎手のtwitterやInstagramはあるのか調べてみました!

残念ながら、twitter(ツイッター)・Instagram(インスタグラム)ともご自身のものと思われるアカウントは見つけることができませんでした。

新人デビューを飾り、今後公式のアカウントが開設される可能性もありますので、見つけたらご紹介しますね!

▼間違いなく「永島まなみ沼」にはまっていく予感のするツイートを見つけましたw
みんなに応援される騎手になってほしいですね!

永島まなみ騎手(まなみん)の出身校や所属する厩舎は?

永島まなみ騎手の出身校は?

永島まなみ騎手の出身校(小学校・中学校)は今のところ判明していません。永島まなみ騎手の出身地は兵庫県。お父さんが園田・姫路競馬場所属の騎手だったこともあり、園田競馬場にある関係者専用の住居(宿舎?)で育ったようです。兵庫県尼崎市の小学校&中学校に通学していた可能性が高いですね。

高校についてですが、永島まなみ騎手が競馬学校に入学したのが2018年ですので、高校に進学せずに騎手を目指しています。競馬学校は高校卒業資格を得られないそうですが、一般知識を習得するために、国語や数学、英語などの教科の勉強もしているそうです。

永島まなみ騎手の所属する厩舎はどこ?

永島まなみ騎手は、栗東(りっとう)・高橋康之(たかはしやすゆき)厩舎に所属しています!

高橋康之調教師は元騎手。

高橋康之調教師について
  • 栗東トレーニングセンター所属の調教師。元騎手
  • 1972年和歌山県出身の48歳
  • 第8期生として1992年にJRA競馬学校騎手課程を卒業しJRA騎手免許を取得
  • 中央、地方と勝利を挙げたが2007年6月に騎手を引退
  • 栗東・坪憲章厩舎での調教助手を経て、2011年12月平成24年度新規調教師免許試験に合格

トゥラヴェスーラ (Travesura・牡6歳)、プエルタデルソル (Puerta del Sol・牡7歳)、ヨハン (Johann・牡5歳)など始めとする多数の競走馬を調教して、勝利させている調教師さんです。 

競馬学校の最終学年で指導を受けた厩舎に所属して騎手としての生活をスタートさせる、とのことですので、永島まなみ騎手の実習先が高橋康之厩舎だった、ということなのだと思います。

高橋康之調教師が永島まなみ騎手の印象について語っているのがこちらです。

師匠の高橋康調教師は「穏やかな感じの子ですが、馬が大好きで熱心。ストイックな面があり、いつも馬に乗ることを研究しています。うちに来たばかりの頃は現役の競走馬に乗るのが初めてで騎座なども分からなかったけど、自分で吸収して乗りこなせるようになりました」と短期間での進歩に感心していた。

https://hochi.news/articles/20210209-OHT1T50228.html

永島まなみ騎手(まなみん)の家族構成や両親の職業は?

永島まなみ騎手の家族についても調べてみました。

父、母、姉、永島まなみ騎手、妹の5人家族だそうです。

お父さんについては後述しますが、競馬学校入学時にお母さん(まゆみさん)、妹(ななみさん)と一緒に記念撮影された写真を見つけました。

引用元:スポーツ報知

お母さんの職業や、お姉さんについての詳細はわかりませんでした。
3姉妹のうち、子供のころから競馬に興味を持ったのは永島まなみ騎手だけだったそうです。

永島まなみ騎手の父親は元騎手で調教師の永島太郎さん

引用元:Rakuten競馬

永島まなみ騎手のお父さんである永島太郎さんは元騎手。現在は自身の厩舎を開業する調教師です。

永島太郎調教師について
  • 兵庫県競馬組合所属の調教師。元騎手
  • 1974年京都府出身の47歳
  • 中学卒業時に競馬学校を受験。2次試験に挑むも前日に食べ過ぎて体重オーバーにより不合格に。地方競馬学校を再受験し合格。1991年に地方競馬の騎手免許を取得
  • JRA(中央)の試験を7回受験するも不合格。調教師を目指す。
  • 2019年7月、令和元年度第1回調教師免許試験に合格(地方競馬全国協会)
  • 2020年2月、西脇馬事公苑にて厩舎を開業

永島まなみ騎手が競馬学校に合格した時にはまだ現役の騎手だった永島太郎さん。まなみさんの入学式当日も騎乗の為参加できなかったものの、勝利をおさめて入学をお祝いしたそうです。とっても仲がよさそうな父娘ですね!

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/satoshihiramatsu/20210215-00222045/

親子ジョッキーが実現するか?とも思われたものの、調教師への道を真剣に考えていた太郎さんは、まなみ騎手のデビューを待たずして騎手を引退し、調教師と転向したため、親子レースは実現しませんでした。

現在は、自身の厩舎で4人のスタッフを雇って16頭の競走馬を管理しているとのことです。

永島まなみ騎手の次の騎乗はいつ?

3月6日にデビューを飾った永島まなみ騎手。3月7日にも九州小倉で騎乗予定です!
初勝利を収めることができるといいですね(^^)/

今後の予定はこちらのページから確認できます。

▼古川奈穂騎手(左)とは同期

引用元:スポニチ

▼古川奈穂騎手の記事はこちら

まとめ

夢だった騎手デビューを飾った永島まなみ騎手の今後の活躍を応援したいと思います!

この記事では

・永島まなみ騎手(まなみん)のプロフィールは?
・永島まなみ騎手(まなみん)の所属する厩舎は?
・永島まなみ騎手(まなみん)の両親の職業は?
・永島まなみ騎手(まなみん)の次の騎乗はいつ?

をご紹介しました。
参考にして頂けたら幸いです。お読み頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました